インターネット広告会社ジラフのブログ

カテゴリ一覧
心
企画
思考
人間力
友達
グルメ
遊び
その他
201810_contents

コンテンツの大半は価値を生んでないという記事を読んで

2018年10月9日

ウェブ業界に生きる人であれば、知らない人は少ない
情報ポータルサイトである「Web担当者Forum」

ウェブに関わる情報が様々なジャンルで掲載されているのですが
その中でひときわ気になった記事がありました。

「Webコンテンツの大半は価値を生んでない。
 だからこそ数ページの改善でも劇的な成果につながる」

非常に挑戦的なタイトル、そして内容ではありましたが
インターネット広告やWEBコンサルティング、そして、サイト制作の
現場に立つ人間として、共感出来る部分が非常に多かったです。

なので、今回あえて本ブログでも取り上げてしまいました。

記事内で出てくる

 ・ある見込み客の考え方と明白に食い違った、僕の提案内容
 
 ・芸術と異なり、コンテンツマーケティングやSEOは主観的なものではない。
  作成したコンテンツの質は定量化でき、ビジネスに利益をもたらすことができる

 ・「コンテンツのほとんどは何の役にも立っていない」という事実に対処する必要がある

どれも非常に刺さりました。

同じような考え方をしている人、同じように効果を出す事を目標に
たとえクライアントと意見がぶつかりあっても、本当の価値を
提案している人がいると非常に嬉しく思いました。

コンテンツマーケティングやオウンドメディア、動画マーケティングが
主流になってきていますが、これはいずれ淘汰されると思います。

質の低いコンテンツを生み出して、ボリュームを出したとしても
SEO成長期のリンク購入と同じく、価値の低いもの、類似品、模倣犯は
いずれ淘汰される時代が来る。

産みの苦しみを経て、本当に必要とされるコンテンツが評価され
そういったコンテンツが生き残る時代はすぐそこに来ている(はず)!

企画や調査、実際のコンテンツ作成、検証、改善。

有益なコンテンツは上記のサイクルで生まれます。
楽して増やすコンテンツはいずれお荷物やペナルティになる。

その為にも、ターゲットの選定、ユーザーの動向を分析、
核となるキーワードを据えて、コンテンツとして形成していく。
コンテンツを公開するサイトも、動線や操作性を考慮してコンテンツを設置する。

まさに数ページでも成果に繋がる現象が起こります!

目的と得たい効果をしっかりと設定し、それらを達成する為の提案を
ウェブ業界で働くものとして世の中に発信していきたい。
我々Giraffeもこうした人たちに負けない、正しい施策提案をこれからもしていきます!

本日取り上げた記事のURLはこちらです。

 Moz – SEOとインバウンドマーケティングの実践情報
 Webコンテンツの大半は価値を生んでない。だからこそ数ページの改善でも劇的な成果につながる

●余談:編集後記的な走り書き

9月のシルバーウィークから連なる連続の三連休が
先週でようやく打ち止めになりました。
連休は嬉しい反面、仕事が重なるのと家族サービスが重なり
年齢を重ねた身体には正直キツイ部分があるのも本音。
そんな中、41歳ながら人気再建中の新日本プロレスで中心に立つ
棚橋弘至選手が「疲れてない」「疲れたことないです」と
コメントをしているのを見て「なんてだらしないんだ、俺!」と自らに活を入れました。
決して、定期更新日である金曜に更新をし忘れた言い訳ではありません。
(本当に申し訳ございませんでした!!)

——

○あわせて、どうぞ!ジラフブログ:バックナンバー

動画マーケティング、動画SEOについて考える(2018年4月20日配信)
http://giraffe.ne.jp/blog/moviemrk201804/

どうなる?モバイルファーストインデックス!(2018年4月6日配信)
http://giraffe.ne.jp/blog/mfi20180406/


« »