インターネット広告会社ジラフのブログ

カテゴリ一覧
心
企画
思考
人間力
友達
グルメ
遊び
その他

FacebookはSEOに効果があるのか?

2019年1月21日

同業でない友人と飲んでいると、自然に仕事の話になり、
売上・販路拡大の話題から、インターネット系の話に繋がり、
この業界で働いているのを皆知っているので、意見を求められます。
(もちろん、みんな大人なので守秘義務は最大限考慮)

特に営業や広報関連に携わっている人からは
インターネット広告やSEOコンサルティングについて聞かれます。

正しい情報もあれば、間違って覚えている情報もあり(笑)

インターネットの業界は進化が早いので、メインの職業にしていないと
常にアップデートが出来ないのは、ある程度仕方のないこと。
そのためにこうしてプロの会社が存在するのですから。

今回友人達との会話で挙がったのは
「Facebookをやっていると、SEOに効果がある!」

SEO自体の解釈が間違っている部分もあったので、
その紐解きに時間がかかってしまいましたが、
一様にショックを受けていたのは「いいね!」や「シェア」の数を
増やしても「直接的なSEO効果」はないと伝えた時。

ただ、これもSEOの概念を理解出来ていないと正しい解釈は難しいですね。
まぁ、被リンク獲得に繋がれば効果がない事はないと話したときは
「??」が頭に浮かんでいるのが見えました(笑)

FacebookのSEOについてわかりやすく解説しているサイトを見つけたので
一部を抜粋して紹介しておきます。(友人用にまとめておきます)

———-

Facebookを活用して、Facebookページで自サイトのWebページ(ブログ記事)を宣伝したり、
いいね!やシェアボタンを自サイトのWebページに設置することは、
今やSEO対策(検索エンジン最適化)の一貫となっています。
そうして、Facebook上に自サイトへのリンクを公開しても、
そのリンクにはnofollow属性が付与されてるため、被リンクによる直接的なSEO効果は見込めません。
ですが、Facebookを活用してより多くのユーザーに共有を促して、
エンゲージメントを増やせば、アクセス数(トラフィック)や外部サイトで参照される機会も
増えるので間接的なSEO効果が期待できるようになります。

———-

非常にわかりやすいです。
SEOでいいね!やシェアを獲得するのではなく、自分のサイトへ誘導するように工夫し、
被リンクやアクセスを増加させる=SEO効果も見込めるということ。

SEOだけで考えず、ソーシャルに何故情報を掲載するのか?
その情報を見て、どうしてほしいのか?を考え、工夫して設置する。

これが大事です。

なので、Facebookを更新する事は「意味がない」ではないのです。
しっかりと更新して、自社サイトに誘導したり、ファンを獲得していきましょう!

●余談:編集後記的な走り書き

Facebookの機能にある「〇〇年前の今日」
表示されていたのは昨年の今頃、東京も雪に見舞われていた写真。
投稿を見ながら「あの時は大変だった」と思いながら
月の流れを実感している今日この頃なのでした。
週間天気予報によると、東京は今週晴天続きでした。
雪や迫りくる花粉にドキドキしてしまいますが、当面は大丈夫な様子。
今の内にしっかりと準備をしておこうと思います!

——

○あわせて、どうぞ!ジラフブログ:バックナンバー

SEOに必要なブランド力とコンテンツ力(2018年11月17日配信)
http://giraffe.ne.jp/blog/burand_seo201811/

SEOの都市伝説まとめ(2018年秋版)(2018年10月26日配信)
http://giraffe.ne.jp/blog/seotoshidensetsu_201810/


« »