インターネット広告会社ジラフのブログ

カテゴリ一覧
心
企画
思考
人間力
友達
グルメ
遊び
その他

新元号が「令和(れいわ)」に決定!スペルはReiwaだそうです

2019年4月5日

新元号が「令和(Reiwa)」決まりました。
仲間内で予想をしたりしたのですが、かすりもしなかったです。

「令和(れいわ)」

スペルは

「Reiwa」 ※Leiwaではない

海外には「美しい調和(Beautifuk Harmony)を意味している」と
日本政府が説明を始めているそうです。

江戸徳川幕府が300年の幕を閉じ、文明開化を迎えた明治。
そこから大正・昭和・平成と続き、令和。
各書類の生年月日欄のイニシャル表示だと「M・T・S・H・R」

仕事上、和暦ではなく西暦をメインに使っているので
テコ入れなどはそこまでないのですが、関連する企業の方々は
この1ヶ月非常に慌ただしく過ごすのかもしれません。

勘違いをしている人も少なくなかったのですが、
新元号は2019年5月1日(水)からです。(今更ですが)

「その考え方(やり方)は昭和式ですね」と形容するシーンも多いですが、
平成も昔になってしまうと思うと、なかなかイメージがしにくいですね。

また、発表しないと言われていた他の候補もあっさりと発表されていました。
候補は全部で6つあったようで

日本古典から

 ・英弘(えいこう)
 ・令和(れいわ)
 ・広至(こうし)

中国古典から

 ・万保(ばんぽう)
 ・久化(きゅうか)
 ・万和(ばんな)

令和は日本最古の歌集「万葉集」からの出展と発表したので
調べてみると「梅花(うめのはな)の歌三十二首」だそうです。

日本の古典に由来する元号は初めてとか。

こうしてみると「令和」でよかったのではないでしょうか。

色々な賛否両論や中国で既にお酒の名前で商標登録があるなど、
様々なニュースが飛び交っていますが、複数の有識人と
その方々だけでなく日本トップのマーケティング、アナリスト達が熟考して決まった新元号。

変更する事はないのだから、受け入れて盛り上がった方が吉。
昭和から平成の切り替え時はあまり思い出がないのが正直なところなので
今回は記憶に残る何かをしてみようかなと考えてしまいます。

令和元年記念の消費やサービス、キャンペーンが
5月1日から一気に始まると予想されるので、記念に便乗して
何かしらの思い出を作ってみてはどうでしょうか。

令和元年を上手く取り入れているインターネット活用など、
今後まとめてみたいとも考えています!

●余談:編集後記的な走り書き

世の中の逃れに便乗して、今日は令和ネタにしてみました。
ゴールデンボンバーが元号決定数時間後に発表をした
ニューシングル「令和」を聞き、予想外に良い曲だったので
ヘビロテをした結果、違和感は全くなくなりました(笑)
以前は喪に服す期間だった元号変更。
生前退位になると、お祭り騒ぎになるというのがわかりました。
生きている中でもう一度あるのか、ないのか。
次回もこうした形になればいいなと感じた一日でした。

——

○あわせて、どうぞ!ジラフブログ:バックナンバー

夏真っ盛り!観光各地のソーシャル戦略(2018年)(2018年7月27日配信)
http://giraffe.ne.jp/blog/summer_2018/

ゴールデンウィークに見る観光各地のSNS情報発信について(2018年)(2018年5月2日配信)
http://giraffe.ne.jp/blog/gw_2018/


« »