インターネット広告会社ジラフのブログ

カテゴリ一覧
心
企画
思考
人間力
友達
グルメ
遊び
その他

サイトのスピードアップに不可欠なのは・・・

2018年11月23日

インターネット広告やSEOコンサルティングと
ウェブサイト制作は切っては切れないもの。

ウェブマーケティング系プロジェクトを進めていると
制作会社のデザイナーやエンジニアと話す事も多々あります。

ディレクターとして、マーケターとして、
制作のテクニックなどは出来ないにしても
「知っておく」ことは非常に重要なファクターです。

こないだウェブデザイナーと話して盛り上がっていたので
多くの有名なSEO系記事を発信しているサイトでも取り上げられていた

『モバイルウェブのスピードアップに不可欠なもの』

実際に記事の中ではスピードアップに不可欠なものとして
画像・JavaScript・フォントの最適化とまとめられていました。

詳細はそのサイトを見てもらうとして、記載されていた
面白いポイントをいくつかピックアップしておきます。


モバイルウェブで1ページあたりデータ量が多い
リソースは次の順番(HTTP Archive 調べ)

 1.画像 (約 500 KB)
 2.JavaScript (約 380 KB)
 3.フォント (約 80 KB)



それぞれの具体的な対策としては

■画像

画像を最適化する手段には次のようなものがある。

 ・適切なフォーマット
 ・適切な圧縮
 ・適切なサイズ・密集度
 ・必要なときだけ読み込む (Lazy-load)

■フォント

外部からダウンロードするウェブフォントもスピードを遅くする要因になる。
Flash of Invisible Text (FOIT) と呼ぶ現象があるとの事。
ラウザがウェブフォントを読み込むまで、文字が現れない。
FOITはユーザー体験が悪いので、Flash of Unstyled Text (FOUT) がおススメ。

■JavaScript

画像とフォントと並んで、JavaScript もウェブで
ダウンロードされるデータ量の上位に入るリソース。

JavaScripが使われる場がますます増えてきているので、JavaScriptの高速化が必要。
JavaScriptの最適化には次のような施策が効果的。

 ・Code Splitting
 ・Preload
 ・利用しない CSS/JS の調査

かなり端折ったまとめになりましたが、制作の分野でも
これだけの技術と知識が必要になっていきます。

なんとなくサイトを制作出来る人では、ここまでは出来ないでしょう。

ウェブ制作もしっかりとした知識と経験、
実績を持った会社をパートナーとして選ぶことが重要です。

インターネットがビジネスに不可欠なものになって数十年。
時代の流れで淘汰されていく企業が多いのも現実。

本記事が見直しと選定の参考になれば幸いです!

●余談:編集後記的な走り書き

日産自動車・元会長のカルロス・ゴーン氏が逮捕されました。
もう「元」になってしまいました。ルノーと三菱自動車工業は
まだ現職になっていますが、時間の問題でしょうか。
今年はスポーツ界の事件が多いなぁという印象でしたが、
ここにきて世界的にも大きなニュースが舞い込んできました。
これから株価など、どうなっていくのでしょう。
個人的に日産車が好きなので、頑張ってほしいところです。

——

○あわせて、どうぞ!ジラフブログ:バックナンバー

改めてWebディレクションの重要さを説いてみる(2018年11月5日配信)
http://giraffe.ne.jp/blog/webdirection_201811/

コンテンツの大半は価値を生んでないという記事を読んで(2018年10月9日配信)
http://giraffe.ne.jp/blog/contents_201810/


« »